欧米で急速に広がる、ユーザーエクスペリエンスを評価するワークプレイス管理の考え方
米フォレスター・リサーチが解説!

〜ユーザーエクスペリエンス起点でのワークプレイス管理の重要性。VDI運用とPC-LCM(PCライフサイクル管理)の未来〜

新型コロナウイルス感染拡大の煽りを受け、世界中でこれまでに例を見ないほどテレワークの導入が進んでいます。そして、どこで働いていても従業員の生産性を最大化することこそがビジネス成功の鍵であるという認識がITシステムの運用にも広がっています。

既に欧米では、ITシステムを評価する基準がシステムコンポーネントのSLAからユーザーエクスペリエンスへとシフトしはじめ、VDIやPCを利用するユーザーを対象としたワークプレイス管理の現場では、ユーザーエクスペリエンスを常に監視し、従業員の生産性を維持するためのプロアクティブな活動を取り入れる動きが急速に広がっています。

米フォレスター・リサーチ社は、エンドユーザーエクスペリエンス管理の重要性をレポートで紹介しています

本セミナーでは、米フォレスター・リサーチ社のアナリストによるワークプレイス管理市場の重要性と、市場におけるSysTrackの評価をご紹介します。そしてユーザーエクスペリエンスをモニタリングするSysTrackが提供するワークプレイス管理とは、どのようなものなのか、なにが分析できるのかをあわせてご紹介します。
これから益々注目されるエンドユーザーエクスペリエンス管理を是非ご覧ください。

みなさまのご登録とご参加をお待ちしております。

開催概要
日時:2021年4月22日(木) 10:30-11:50  (受付開始10:20〜)
会場:ZOOMでのオンラインセミナー
主催:Lakeside Software Japan株式会社
共催:株式会社ネットワールド
対象:経営者・役員、情報システム担当者 、システム企画担当者、システムエンジニア、コンサルタント、保守・管理担当者
定員:100名
参加費:事前登録制・参加費無料
ご登録いただきました方へは、追って当日参加情報を別途お送りいたします。
※競合製品関係者の方は、参加をお断りする場合がございます。

アジェンダ

内容

ITシステムの評価基準を変える従業員のデジタル エクスペリエンス モニタリング

Lakeside Software Japan カントリーマネージャー 冨樫明

米フォレスター・リサーチ社が定義する市場(ビデオ:字幕付き)

米フォレスター・リサーチ社 アナリスト Andrew Hewitt

デジタル エクスペリエンス モニタリングを取り込んだワークプレイス運用の例

Lakeside Software Japan カントリーマネージャー 冨樫明

米フォレスターリサーチ社によるSysTrackの評価(ビデオ:字幕付き)

米フォレスター・リサーチ社 アナリスト Andrew Hewitt

SysTrackご紹介
  • ユーザーエクスペリエンス管理とプロアクティブサポート
  • 仮想デスクトップモニタリング
  • PC環境での活用
    Lakeside Software Japan カントリーマネージャー 冨樫明

※アジェンダは、予告なく変更する場合がございます。

※米フォレスター・リサーチ社の調査レポート 「The Forrester New Wave™:End-User Experience Management(2020年第4四半期)」