実践SysTrackセミナー 2月28日(木)
Windows 10移行のベストプラクティスと働き方の見える化

SysTrackは、企業や組織のワークスペースで起こっていることを可視化、分析します。従業員のITサービスの利用状況、業務プロセスやアプリケーションの利用状況、IT資産の利用状況のすべてを連携させ情報を一元管理するシステムです。

今回、「Windows 7からWindows 10へ移行を検討する企業様」と「働き方改革に取り組んでいらっしゃいます企業様」を対象にセミナーを開催します。この2つのトピックにフォーカスして、SysTrackの機能を様々なシナリオごとにデモンストレーションを交えて解説します。

SysTrackが、どのように

  • Windows 10への移行を簡素化・安定稼働をサポートすることができるか?
  • 働き方の見える化、実際にどんなもので何を見える化することができるのか?

本セミナーで、みなさまがお持ちの課題解決のサポートができると幸いです。ご参加をお待ちしております。

開催概要
日時:2019年2月28日(木)13:30-16:30(受付開始13:00)
会場:フクラシア八重洲 3F Room D
住所:〒104-0028
   東京都中央区八重洲2-4-1
   ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3F
   https://fukuracia.jp/yaesu/
   JR[東京]駅 八重洲地下街5番出口目の前
   JR[東京]駅 八重洲南口より徒歩3分
   東京メトロ銀座線「京橋」駅7番出口より徒歩4分
定員:40名
      ※競合企業様についてはお申し込みをお断りする場合がございます。
      ※本セミナーは、申込多数の場合抽選とさせていただきます。
対象:Windows 7からWindows 10へ移行をご検討している企業様
   働き方改革に取り組み、従業員の働き方と生産性の把握方法を
   ご検討している企業様

アジェンダ
13:00              受付開始

13:30-14:00    SysTrackの概要
SysTrackの主な機能紹介とワールドワイドおよび国内の導入事例、
SysTrackの活用方法をご紹介します。
レイクサイド ソフトウェア 営業部 吉田豊彦

14:00-15:00    Windows 10移行のベストプラクティス
Windows 10への移行に向け多くの企業が現状把握に多くの手間と時間を割いています。 SysTrackを活用することで、実際のユースケースに基づいた適格なサイジングを可能にし、スムーズな移行を支援します。また移行後の安定運用を継続するためのSysTrackの利用方法も実際のデモンストレーションをご紹介しながら解説します。
レイクサイド ソフトウェア セールス エンジニアリング マネージャー 橋本洋

15:00-15:15    休憩(スナックタイム)

15:15-16:05    SysTrackによる働き方の見える化
従業員が「ITを使って何時間働き、様々なアプリをどのような割合で使い、どのWebサイトに何回アクセスしたか」というデータは、従業員や部署全体の生産性を見直すための有効な手がかりになります。従来このデータを取得するために膨大なデータを管理し複雑なクエリーを開発する必要がありましたが、SysTrackのワークスペースアナリティクスを使えば、この様なデータは一目で確認できます。デモンストレーションを中心にご紹介します。
レイクサイド ソフトウェア 営業部 冨樫明
レイクサイド ソフトウェア プリンシパル セールス エンジニア 福澤公之

16:05-16:15    まとめ

※アジェンダは、予告なく変更する場合がございます。